AbsoluteWeb

パートナーがアトピー性皮膚炎の場合

このサイトの主旨とは少し異なりますが、家族やパートナーがアトピーの方に。

 

私の奥さんはアトピー性皮膚炎です。アトピーの辛さというのはなってみないとわからないものだと思いますが、筆舌に尽くしがたい苦しみがあります。

 

痒みというのは、ただ「かゆい」といった表面的な不快感に限らず、かゆいのに我慢しなければならない、でも掻いてしまい、その結果、お肌を掻き壊して血を流してしまう。

 

我慢しなければならないと頭では分かっていても、我慢できない自分へのいらだち。日中はなんとか我慢していても、夜中に無意識のうちにかいてしまって朝になって血がついていたり・・・。

 

顔が赤くなって荒れてしまった状態では外に出たくもない、となります。女性の場合はなおさらだと思います。

 

パートナーや家族と同棲していれば、迷惑をかけていると自責の念にかられてしまうかもしれません。

 

同居してる家族の心構えとして大事なのは、非常に辛い状態を理解してあげること、そのような心を理解して安心させてあげることです。

 

生理的なものなので、単に「掻いちゃだめ!」といってもつらい思いをさせてしまうだけです。頭では分かっていても我慢できないくらいの衝動にかられるのがアトピーなのですから。

 

最近は、パートナーのために日々さまざまな治療法や、お肌によい化粧品などを仕入れては試してみてもらっています。

 

大手の化粧品会社のものだとあまりアトピー用というのはないので探すのに苦労しますが、これぞ、というものがありました。

 

アクアゲルマジェルという保湿ジェルです。化粧水のあとにつけるといいみたい。

 

「アトピー肌などダメージ肌の方が保湿をしながら
バリア機能を改善し、素肌力をアップできるように作られた保湿美容ジェルで保湿剤=油分が常識なのですが、油分を一切使わない保湿」とありますね。

 

検索してみると体験談もいろいろヒットするのでみてみるといいかもしれません。ちなみに私はこちらの記事をきっかけに試すようになりました。


ホーム RSS購読 サイトマップ